葬儀の手配

葬儀の日時・場所・形式を決める

遠方からの人を配慮して候補日を

亡くなってから二十四時間経つと火葬できるので、火葬の時間から逆算して通夜・葬儀の日時を決める。ふつう正月三が日と友引の日は火葬場が休みになるため、その間はずれることになる。

通常の場合、亡くなった翌日が通夜、その次の日が葬儀となります。早朝に死亡した場合は、その夜が通夜、翌日が葬儀となることもあります。葬儀の日時を決めるときは、遠方から駆けつける人のことを考慮して、まず候補日を決めます。あとは葬儀社や火葬の時間などと照らし合わせて決めます。

日をずらして本葬を行うときは身内だけの密葬を

遠方で事故にあった場合や年末の押し迫ったときに亡くなった場合などは、弔問者の立場も考慮して、本葬を日をずらして行うことがある。この場合は火葬を先に済ませるため家族や近親者などごく親しい人で簡単に密葬を行う。

葬儀の形式によって自宅か他の場所かの決定

葬儀を行う場所は、葬儀の形式によって決まってくる面もある。一般に仏式の場合は寺院や自宅か斎場、神式の場合は神社で葬儀は行わないので、自宅か斎場で行う。キリスト教式の場合は原則的に教会で行うので、所属教会へ連絡をする。

かつては自宅で行うのが一般的であったが、現在では弔問客の交通の便や住宅のスペースなどの関係から、足まわりの良い会場を借りるケースが多くなっている。

これは、遺族や手伝う人の労力を考えるとさまざまなメリットがあるようだ。どこで葬儀を行うかは、弔問客の便宜も含めいろいろ都合を考えて決めたいものだ。

形式は故人の遺志を尊重する

葬儀は、故人の遺志に従い、遺族などの信仰や都合で決定してはいけない。

故人が信仰していた宗教がある場合は、その形式で行うのが当然となるし、遺言があればそれに従うこと。書いたものがなくても、日頃から「このようにしてほしい」と意思を示していた場合は、それを尊重する。

無宗教で行う場合は、だれに司式・進行、演出などを頼むかを決定するが、故人をよく知る人にお願いするのが良いだろう。

先祖にならって行う場合に注意したいことは、先祖が属する宗派を間違えないことだ。とくに郷里を離れている場合、どのお寺にお願いしたらいいのか迷うことがある。この場合は、郷里の菩提寺に連絡をして、近くのお寺を紹介してもらうと良いだろう。

葬儀の手配

葬儀の予算

故人の人柄、生き方にふさわしい内容に

どの程度の規模にするかは、経費などともかかわってくる。予算を考慮しながら、故人にふさわしい葬儀にするにはどんな方針で、どの程度の規模にするかを遺族で話し合って合意しておくようにしよう。

故人の生前の交友関係や仕事などからおよその会葬者を予測し、祭壇の飾りつけ、通夜ぶるまいの打ち合わせを行う。質素で内容の充実したもの、あるいは豪華な葬儀などと、基本的な方針を決めておこう。

あとで「こんなはずじゃなかった」ということがないように、すべてを葬儀社などに任せっきりにしないことが大切だ。

費用は、葬儀・寺院・飲食関係に大別される

葬儀費用を大別すると、

@葬儀を依頼した業者に支払う費用
A寺院などへ支払う費用
B通夜からの参列者への飲食接待費用

の三つに分けられる。この三つを合わせて、いったいどのくらいの費用を葬儀に費やしているのだろうか。

平成四年の全日本葬祭業協同組合連合会の調査によると、全国平均で

@の費用が112万円
Aの費用が51万円
Bの費用が43万円

となっているが、合計金額では、101万円〜105万円がもっとも多く(13・7%)、250万円以内ですませた人が五割弱となっている。

葬儀社はサービス業のため、どこまで頼むかを明確にする

葬儀料金には、納棺用付属品、祭壇、祭壇飾りつけ用品一式、たれ幕、告別式用焼香具、記載帳、道順表示票、忌中札、霊枢車、火葬料、骨壺・骨箱などが含まれるのが一般的で、そのほかに死亡通知状や会葬礼状の印刷、遺影の複写・引き伸ばし、納棺用の生花や祭壇用の供物などをはじめ、喪服の貸衣装や葬儀場の手配、僧侶の手配、葬儀の司会や通夜ぶるまいなどのサービスも頼むことができる。方針によって何を依頼するかを最初に決めておくといいだろう。

料金設定のシステムは四つのタイプに大別される

葬儀は、形式や依頼する業者などによって費用は異なってくるが、前述の全日本葬祭業協同組合連合会の調査によると、料金設定は、次の四つのタイプに分類できるようだ。

@一式システム
葬儀一式を一括で請け負い、料金を設定するシステム。

A基本+別途料金
葬儀の基本部分を価格設定し、それ以外のサービスはオプションとして別途請求するシステム。この方法には「祭壇」に価格設定する場合と「祭壇+サービス」に設定する場合がある。

B見積システム
すべてのサービスや商品をひとつひとつ見積もって料金提示する方法。

Cその他
@AB以外の方法。

四つのシステムのなかで「A基本+別途料金」、なかでも「祭壇と複数のサービス」を採用している業者が、全国的にみて多いという結果が出ている。

葬儀料金は、自宅で行ったかどうか、規模や会葬者の数などで異なってくるため、「葬儀費用の実例」を参考にしながら、いざというときのために、ふだんから情報を集め、どういう業者にどのように頼むのがいいか心づもりをしておくことが大切である。

豆知識

当座の金を用意する。心付けは白封筒に「志」

必要品の購入もあるため、通夜や葬儀でお世話をかけた人へのお礼として心づけも必要であり、当座の現金を用意することを忘れずに。心づけを渡す相手は、世話役をはじめ受付などの係をしてもらった人、また霊枢車などの車の運転手、斎場や火葬場の係員、葬儀社の人などだ。

心づけはお礼の気持ちであるため、渡す渡さないは自由ではあるが、地域の習慣にも配慮したいものだ。葬儀社の人と相談し、一括して任せるのが一般的である。

この場合の心づけは、一般には不祝儀袋になるのだが、差し上げる相手に不幸があったわけではないので、白封筒に表書きは「志」とし、喪家の名前を書いて少し多めの数を用意しておこう。

pickup

池袋の不動産の口コミランキング

Last update:2017/11/10